メインイメージ

ダイエットのときには青汁で体の調子を整える

女性に嬉しい効果がとてもあるといわれている青汁なのですが、実はダイエットのときにとてもよく飲んでいて、それのおかげか少し痩せることができたのです。
ダイエットをしているときに必ずある悩みが食事制限やそのことがストレスになって肌荒れができてしまったり、バランスのいい食事はできないことがある、ということです。
特に食事制限をしているときに、おかずをあまりカロリーの高いものにしないようにするために、お肉も野菜も少なくしてしまい、野菜を食べても生野菜などを中心にしてしまっていたせいか、体も冷えてきてしまう、という悪循環のような感じになってしまったのです。
体が冷えると体の内側から冷えているのがすごくわかって、どうにかしようと温かい飲み物ばかりを飲むようになったのですが、それでもあまり効果がなくて困っていたときに、青汁でダイエットをしている人のお話などを聞いて、思い切ってダイエットでも利用してみることにしたのです。
それまで青汁はごくたまに飲む程度で、野菜が足りないときにその日一度飲む程度だったのですが、ダイエットをするときには食事の前に飲むか、朝ご飯の代わりに温かい牛乳か豆乳、そしてはちみつと黒糖を混ぜて飲むようにしていたら、すごく腹持ちがよくて、結果として置き換えダイエットのようになっていたのです。
朝はそれまで、食べないときもあったり、パン一枚だけ、というとき、冷たい牛乳か豆乳だけというものが多かったのですが、青汁と混ぜて飲むようになってからは午前中もおなかがすくことも少なくなって、便秘も解消されたのです。
体が冷えるようになっていたのも一日の食事のバランスの悪さもあると思いますが、それ以上に足りない栄養が原因だったのだとわかったのです。
野菜を食べても冷えることを考えてしまい、あまり口にしないようになっていたので、野菜不足でもあったし、ビタミンや食物繊維も足りていなくて、体に必要なミネラルも足りていない状態だったのです。
それなのに、食事制限をしていて、食べ物を体に入れない状態だったので、すごく体に悪いことをしながらダイエットしていたのです。
青汁を飲むようになってからは便秘も解消されて、肌荒れも改善してきているし、何よりも体の調子が内側から変化してきているのが自分でもわかるのです。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.