メインイメージ

冷え性には青汁がじわじわと効く

自分が実は冷え性だと感じ始めたのは、学生時代からなのですが、特に冬になるとじんじんと痛むほど冷えてしまい、本当につらい思いをしています。
温かい飲み物やしょうがの入った飲み物などを飲んでいても、しばらくは本当に温かくて気持ちも楽になるのですが、それを飲まない数日があると、すぐに体がまた冷えてしまう感じなのです。
そこで同じように冷え性の人に色々と訊いて、効果のあった方法などをいくつか試してみたのです。
冬になってつらい冷え性のまま、また震えるのはいやだったからです。
そのいくつかの中に体にもよくて冷え性にも効果的、生理痛にも効果がある、というものがあったのです。
それが青汁です。
青汁は野菜を原料としているはずなので、いつも食べている野菜とどう違うのかがわからなかったのですが、それを飲んでいた人からは本当に冷え性が軽くなって、それまでとはまったく違う、ということを力説されたので、飲み始めたのです。
青汁のイメージは苦い、おいしくない、粉っぽい、というあまりいいイメージではなくて、これは我慢して飲まなくてはいけないのだろうと思っていたのですが、実際に恐る恐る飲んでみるとそんなことはまったくなくて、本当に飲みやすくてどちらかというとおいしいと感じるものだったので、驚きです。
青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維などもたくさん含まれているので、特に女性には嬉しい効果がとても期待できる、ということなのです。
冷え性の人に多いのが生理痛がひどいというものですが、その痛みにもとても効果がある、ということを聞いて、ますます嬉しいことばかりだと思い、まずはじめに一ヶ月だけ飲んでみよう、と思い、一週間ごとに買いにいったのです。
野菜のサラダもよく食べていたのですが、それとは違い、自分で色々と混ぜてアレンジできることがわかりました。
そこで、粉を溶かすときに豆乳を温めて混ぜるようにしていたら、すごくおいしくてするすると飲めるようになったのです。
一日に朝と夜、必ず飲むようになって、二週間後に体にすごくいい自然の蜂蜜も豆乳と混ぜて、粉を溶かして飲むようにしたのです。
まず感じたのがお通じがすごくいいということ、そして肌荒れが一ヶ月であっという間に改善されたということと、本当に冷え性が軽くなってきている、ということです。
一ヶ月でもこうなので、これからも飲み続けると決めたのです。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.