メインイメージ

妊娠中から青汁を飲んでいます

私は4年前に長女を妊娠して、そして無事に出産をすることが出来ました。
私はずっとフルタイムで仕事をしておりますので、毎日とっても激務でありましたし、毎日ほとんど食事も作ることが出来ずにいましたので、栄養状態もとっても悪い状態で過ごしておりました。
そんなときに、長女を妊娠しまして、こんなにも妊娠生活が大変であるのかと思い知らされました。
それはいつも通りの暴飲暴食するような生活を続けていたら、いつか子供にも影響をするので止めたほうがいいというアドバイスを受けたのでした。
私はそんな自分の暴飲暴食で子供がダメになってしまってはいけないと、それ以来自分の食事などの栄養について真剣に考えることにしました。
そして産婦人科に行って、血液検査などをしてわかったことは、自分には葉酸という栄養素がまったく足りないことがわかりました。
葉酸は普段の食事からもたくさん取れるのですが、普段の食事だけでは妊婦ではまったく数値が足りないことがわかったのです。
私は食事からはとてもじゃないけれど、摂取することが困難でしたので、頑張ってサプリメントを摂取することにしました。
サプリメントは薬局やネットでも気軽に購入することが出来ますし、そんなに高くもなく、安価に売っておりましたので、非常に気軽に摂取することが出来ました。
このように毎日葉酸のサプリメントを摂取すると同時に、私は青汁も一緒に摂取することにしました。
この青汁にはとっても色んな栄養素が詰まっておりまして、とくにケールという葉が含まれておりますので、これがたくさんの葉酸を含んでいるということでした。
それから私は無事に出産をしたのですが、やはり母乳を与える意味でも私は栄養素に非常に気を使って過ごしております。
特に妊娠中に飲んでいた青汁がとても美味しく、今ではホットケーキに混ぜて食べるなど、積極的に摂取するようにしています。
ホットケーキに混ぜてもまったく臭みがなく、見た目もグリーンのホットケーキになりまして、とっても鮮やかで美味しそうになります。
また蒸しパンなどにしても、とっても美味しいことがわかりました。
これからも自分の美容と健康のためにも続けていきたいと思っています。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.