メインイメージ

青汁と私の5年間について

私は、青汁をもうかれこれ5年は毎日続けて飲んでいます。
というのも、5年前の冬健康診断を受けた際、血液の中の特定の成分の数値が低くなる病気が発覚し、何かいいものがないか探していた時に、友人から紹介してもらったのがきっかけでした。
その友人は1年以上飲んでいて、これを飲むと体の調子がよくて以前より太りにくくなったと言っていました。
私は美味しくないけど健康にはすごく良いというイメージがありましたが、友人曰く今販売されている商品のほとんどはものすごく飲みやすくて美味しいと言うのです。
さらにその友人の子供も大好きで、毎日牛乳と混ぜてごくごく飲んでいると言っていました。
それを聞いた時は、美味しいということを信じられず、実際飲んでみると野菜っぽくて続けられないだろうと思っていました。
でも、そのことを親に話してみると、体にいいって聞くし、一度試してみても損はないだろうという話になり、担当医にもよく相談しました。
心臓とか血管とか重い病気で薬を飲んでいる方は、ちょっと注意する必要のある飲み物なので医師に話しを聞くと、私の病気なら問題ないとのことでした。
早速、友人が飲んでいるものと同じものを購入し飲んでみると、すごく美味しくてこれがなぜまずいと思い込んでいたのだろうと衝撃を受けました。
友人が言っていることが嘘ではなかったし、この味なら長く飲み続けられると確信しました。
その後、毎日飲むことになり半年が経った頃でした。
なんとなく今まで体がだるいと感じていた朝方に、そのだるさを感じなくなったこと、そして運動なども特に意識してないけど体重が少し減っていたことに気づきました。
体の調子がとてもいいので、病気も改善してたらいいなと思っていた矢先、血液検査で数値の上昇が見られ、担当医から良い方向に向かっているからこの調子で頑張りましょうと心強い言葉をいただけました。
それから1年、2年、3年とずっと毎日続けて飲んでいますが、病気が悪化することもなく今は現状維持ですが元気に生活しています。
青汁が私の病気を改善させた理由ではないと思いますが、青汁を飲むことでだるさがとれて、体が軽くなり、体を動かしたくなるような元気をもらえたのは事実です。
これからも私はどんな困難が待っていようと、この青汁と共に日々の生活を元気に乗り切っていきたいと思っています。
青汁には本当に感謝しています。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.