メインイメージ

品質はもちろん続けられるものを選んで健康に過ごしましょう

昔の青汁と言うと、まずい、苦いと言ったイメージがありましたし、実際その通りでした。
健康に気を使われている方は、それでも我慢をして飲んでいたと思いますが、最近の青汁は全くそういったイメージがなくなりました。
テレビCMなどでもうたい文句のように言われているように、抹茶風味のものが多く、昔と比べても、はるかに飲みやすくなりました。
甘さもあり、子供も飲みやすくできているため、大人から子供まで毎日美味しく摂取することができるようになりました。
最近の食生活は、欧米化の影響もあり、脂っこい食事やインスタント食品も多くなりました。
便利ではありますが、一日に摂取すべきとされている野菜350グラムには、そのような食生活では、全く足りていない方がほとんどだと思います。
また、高齢により、食べる量が少なくなってきていらっしゃる方も大勢いらっしゃるでしょう。
そんな野菜不足を解消するために、青汁は効果的な栄養補助食品だと言えます。
しかし、実際ドラッグストアに行っても、たくさんの種類がありますし、有名なメーカーからもたくさんの種類が出ています。
どれがよいのかわからないほどです。
しかし、実際に原材料の生産地などを見てみると、国産のものを使用している場合であれば、たいてい九州のほうでつくられたものが多く、そこで契約農家の方に栽培していただいているところがほとんどだと言えます。
そして、朝摘みされた葉をすぐに生葉の状態で搾っています。
品質も問題ないと考えられますし、安心して摂取することができるでしょう。
しかし、ひと月当たりの値段を比較すると、かなりの差が生じている場合があります。
それは、たくさんの種類の葉を使用していたり、そのほかの栄養素も混ぜているため、こういった価格の差が生じてきています。
実際、高価なものを飲んでいると、安心感が増すとは思いますが、続けることが大切なので、そのような意味では、自分の生活水準に見合った価格のものを選んで購入することが大切です。
私たち家族も、毎日青汁を飲んでいますが、有名な飲料メーカーの製品を選んで購入しています。
ネットで購入すると、ひと月当たり、2000円弱で購入することが可能です。
たいてい、ひと月当たり3000円ほど必要なケースが多いと思いますが、きちんと日本の有名なメーカーの製品なので、安心して飲むことができます。
種類も、フルーツ味やミルク味などがあり、子供もますます美味しく飲むことができます。
野菜不足解消のため、青汁を毎日飲んで、健康な体を保ち続けていきたいと思っています。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.