メインイメージ

しつこい便秘の解消にも青汁

数年前のことです。
生活上のストレスから胃腸炎になり、その後少しずつ回復したのですが、しつこい便秘が始まりました。
繊維質の物を中心に食生活を見直し、改善に努めてはいたのですが、仕事で出張などが続くと、どうしても外食中心となり、自分の理想とする食生活を送ることができず、便秘が何日も続いたことがありました。
ヒドイ時は1週間も出ないことがあり、同僚にこのエピソードを話した時にすすめられたのが青汁でした。
青汁と言うと、マズイの代名詞みたいな物だと思っており、正直飲みたくは無かったのですが、マズイとは言うのは過去のことで、現在はかなり美味しい物も出回っているとのことでした。
そして、私も早速、飲み始めることにしたのです。
青汁には、有機原料が多く含まれており、私の飲んでいる物は、実際の野菜にすると400グラム近い物が含まれています。
400グラムの野菜を想像してみてください。
これは、なかなかお料理で簡単に摂取できるものではありません。
気を付けていても、これだけの量を1日で取ることは難しいです。
私の場合、朝食に牛乳と一緒に飲んでいます。
ほどよい甘さがあり、牛乳とよく合い、毎日飲むのが楽しくなっているくらいです。
さて、肝心の効果ですが、飲み始めてからすぐに効くと言う訳ではありませんでした。
当初、4日に一度のお通じが、3日に一度程度になり、さらに1カ月が経過したころ2日一度になりました。
本来なら、毎日が良いのですが、私にとって2日一度のお通じと言うのは、かなりの改善です。
最近は、調子が良いと毎日出ることもあります。
主人にも青汁をすすめたところ、やはり最初はマズイと思っていたようで、激しく拒否されました。
しかし、実際に飲むと思いの外美味しかったようで、お付き合いが続き食生活が不規則な時期は、積極的に飲むようにしています。
各メーカーでは、定期便などもあるので、オーダーし忘れることもなく、安心して飲み続けることができますし、1袋が分包されているので、持ち運びにも便利です。
便秘が少しずつ解消したことによって、吹き出物に悩まされることも少なくなり、お肌の調子もよくなり、毎日のメイキャップタイムも楽しくなりました。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.