メインイメージ

まずい、でも飲み続けると・・・「青汁」効果

私が青汁を飲み始めたのは働き始めてつい最近のことです年をとったからでしょうか、疲れが残ることが多くなってきてどうしたものかと思っていましたインターネットを調べて、「黒酢」や「酵素ドリンク」など調べれば数多の健康飲料があり、どれを選べばいいのか頭を悩ませていました。
そんなある日、なにかいいものはないかと相談をした友人に「じゃあ、青汁飲んでみればいいよ。
私も飲んでいるけれども、飲んでないときとじゃ全然違うんだから」といわれました。
後日、友人が飲んでいる青汁を紹介してもらい、家に送ってもらいました。
私は、早速1杯飲んでみることにしました。
しかし、私の中のイメージでは、昔見たCMの「まずい、でも美味しい」という台詞や、周囲の「まずい」や「あまり好きではない」という発言が印象に残っており、どれほど美味しくないものなのか不安に思いながら飲んでみると、思っていたほどまずくはなく、コップに注いだ青汁を飲みきることができました。
「これならば、毎日飲み続けることができる」そして、私は1週間、2週間と継続して青汁飲み始めました。
しかし、問題が発生しました。
味は大丈夫、けれども毎日同じものを飲み続けると味に飽きてしまうそう。
飽き性の私には、同じ味の飲み物を毎日飲み続けるというのは、なかなか至難なこと。
そこで、私の場合は「はちみつ」や「牛乳」を混ぜ入れています。
これらもおすすめですが、お好みで別なものと混ぜ合わせても良いかと思います。
こうして、今現在も楽しく続けることができています。
そして、気になる効果の方ですが私としては、1番大きな効果は「便秘」が治ったことです。
とても長い間便秘に悩まされてきたのですが、驚くことに、飲み始めてすぐに効果が現れました。
便秘に悩まされている女性の方々には、是非、是非ともおすすめしたいです。
なんと、お肌もつやが良くなり、荒れることが非常に多かった肌トラブルがぐんっと減り、お肌の明るさがワントーンもツートーンもよくなりました。
おかげさまで化粧を薄くするようになり、肌への負担もへりました。
さらに、風邪や体調不良もなくなり、健康体になりました。
飲んだことのない方、何か始めたい方、健康になりたい方に、自信を持って是非ともおすすめしたいです。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.