メインイメージ

体質改善のために青汁を

ずっと努力しなくても健康な体を維持できていた私はそれを過信していた部分がありました。
いつまでも健康でいられるのが当たり前だと思っていたのです。
けれどそんな人間はどこにもいません。
いつかはどこか調子が悪くなってしまうことのほうが多いのです。
それに気づいたのは100日咳にかかってしまい、そこから気管支系の病気になってしまった時でした。
最初の頃は病院を2件まわっても100日咳であることさえわかりませんでした。
しかし咳による胸の痛みは激しかったですし、5分と歩くことができず、どうしたらよいかととても悩んでいました。
それが3件目の大きな病院で検査をしてもらって、ようやく100日咳であることや気管支系の病気であることがわかったのです。
それは私の心をとても落ち着かせてくれました。
そこからは体を改善したいという気持ちでいっぱいになりました。
サプリメントをのんでみることも考えましたが、友人から青汁をすすめられてまずはそこから試してみることにしました。
青汁といえばまずいという印象が強かったのですが、最近では飲みやすく工夫されていることも多く、比較的気軽に始められやすいと聞きました。
そこでいろいろ自分なりにどういうものを選ぼうか考えた結果、まずはシンプルに飲みやすい葉でできたものを飲むことにしました。
それは大麦若葉の青汁でした。
粉状のものを溶かして飲むタイプです。
一番効果があるといわれるのが空腹時ということでしたので、寝起きで朝食を食べる前に飲み始めました。
苦い味を想像していましたが、その青汁は大麦若葉100パーセントでしたが、全く苦さを感じなかったのです。
飲みやすいと言われるのがわかったような気がしました。
それからはホットミルクと混ぜてみたりして毎日飲んでも飽きないようにしていました。
好転反応がでることもあると聞いていました。
私の場合は飲み始めてから3日ほどは少しおなかがゆるくなりましたが、それがおさまってしまうと後は全く問題ありませんでした。
半年ほどするとずっとひどかった冷え性が改善してきたように感じました。
特に足先の冷え性がひどく、夜になってもなかなか眠れなかったのですが、その頃には足先に関してはホカホカするようになっていました。
病気に関しては改善ということはまだありませんが、風邪をひきにくくなってきた気がします。
これからも続けて体のだるさが抜けるようになりたいです。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.