メインイメージ

青汁を飲んでお腹の調子が良くなりました

「青汁」と聞くと、みなさんはどんなことを想像されますか。
まずほとんどの方が、不味いと思うのではないでしょうか。
確かにだいぶ前のものは、味に問題があったと思います。
そのため、体に良いことは分かっていても、なかなか飲む機会がないという方は大勢いらっしゃったと思います。
しかし、現在販売されているものは、味が改善されて美味しいものとなっています。
私も以前は、青汁と聞くと不味いものだというイメージがあったのですが、いざ買って飲んでみると全くそんなことはありませんでした。
私は、ストレスが溜まってくるとお腹に影響が出やすい体質で、便秘になることがよくありました。
老廃物が体の中から出にくい状況というのは、健康にとっても良くないものです。
しかし、これといった解決方法が思いつかない中、青汁を飲んでみようかと考えました。
食物繊維が豊富に含まれているため、お腹の調子を整えることに役立つことはもちろん、野菜不足も補えると思ったのです。
一日や二日飲んだ程度では効果を得ることは出来ませんが、長く飲み続けることで効果が出るものだと思います。
水や牛乳に溶かして飲むだけですので、摂取方法も非常に手軽です。
実際に飲み続けてみた結果、便通が良くなっていることに気付きました。
やはり、食物繊維が豊富に含まれているだけあって、効果が出たのです。
また、便通が良くなっただけではなく、肌の調子も安定してきたのです。
これは、青汁を飲むことによって、たくさんの野菜の栄養分を摂取できたことが良かったようです。
やはり健康を保つには、野菜の栄養分は必要不可欠なものだと実感しました。
お腹の調子が良くない、または野菜不足を解消したい、という方はぜひ一度試してみることをオススメします。
一昔前のような「不味い」ということは、まずありません。
非常に飲みやすくなっていますので、逆に驚かれるかもしれません。
飲み方も水や牛乳に混ぜるといった方法もありますし、料理に混ぜるという方法もあります。
青汁を飲むにあたって一番大切なことは、続けて飲むことです。
せっかく味も美味しくなって、飲みやすいものになっているのに、続けなければ効果は得られません。
これから飲んでみようという方は、ぜひ毎日飲み続けることをオススメします。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.