メインイメージ

大麦若葉は今注目の原材料

ケール青汁に代表されるように、青汁はどうしても苦くてまずいという欠点を持っています。

しかし、健康に好影響を与えるというのは確かな事実です。 もちろん肌荒れやシミ、シワの解消などの美容面にも素晴らしい効果があります。

そこで穀物の大麦が若いうちに収穫した大麦若葉を原材料に使うことで美味しい青汁が作り出されました。

大麦若葉はクセがなく、苦味も殆どないので大人から子供まで美味しくジュースの様に飲めるのです。 もちろん、栄養素もしっかりと詰まっているので生活習慣病の予防にも効きます。

特筆すべきなのはSOD酵素という特殊成分による抗酸化作用です。

これによってアンチエイジングが可能になり、
美容面では非常に高い評価を受けています。

美容に特化した大麦若葉青汁

オオムギワカバの青汁はSOD酵素やビタミン類が持っている抗酸化力でアンチエイジングを可能にします。

その効果から美容作用を期待する女性から高い評価を得ています。

そもそもアンチエイジングってなに?

大麦若葉の特有成分SOD酵素は強力な抗酸化作用があります。
これは活性酸素という身体を錆びつかせる物質を退治する栄養。

身体を錆びつかせるというのは、すなわち老化を促進させる事。
例えば、鳥の足跡と呼ばれる目じりの小じわも肌の錆びが原因。
つまり、身体のなかに活性酸素がたくさんあると、
こういった老化現象が進んでしまうのです。

活性酸素の発生する原因は主にストレスや運動不足など。
さらに、食生活で摂取する栄養のバランスが悪いというのも
大きな要因です。シワやシミなどの原因となるだけではなく、
生活習慣病などの原因にもなってしまいます。

その為、活性酸素を減らし、攻撃を防ぐことが必要です。
そこで活躍するのが抗酸化作用をもった抗酸化物質。
そして、抗酸化物質を積極的に摂取したり、運動で活性酸素の
発生量を減らしたりする取り組みがアンチエイジングです。

大麦若葉に含まれている栄養素

大麦若葉に含まれている栄養素として代表的なのはSOD酵素。
これはスーパーオキシドディスムターゼの頭文字をとったもの。
強力な抗酸化力を持っているのが特徴です。

この他にも大麦若葉にはビタミン類が豊富に配合されています。
体内でビタミンAに変換される栄養であるβカロテンをはじめ、
ビタミンB1やビタミンCなどが含まれます。

ミネラルも豊富に含まれており、カルシウムや鉄、
亜鉛やカリウム、マグネシウムなどが豊富です。

そのため、血中のコレステロール値を下げてくれる効果が期待
されます。これによってダイエット作用があるほか、
高血圧や動脈硬化を防ぎ、結果的には心疾患や脳卒中などを
予防することにもなります。食物繊維も豊富なので、
もちろん便秘解消にも効果があるでしょう。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.