メインイメージ

ケールは健康促進に最高の野菜

ケールは独特の苦みとクセがある南ヨーロッパ原産の野菜です。

キャベツの原種であり、アブラナ科に属しているのですが、
生命力が非常に強いという特徴があります。

葉がかたく、色は青黒いという性質があり、葉の大きさは、
長さ50センチ程度にまで成長します。

葉の幅は20cmから30cmほどにもなる為、非常に大きな野菜
であることがわかるでしょう。ケールの葉が青黒いのは、
葉緑素(クロロフィル)が豊富だからだと分析されています。

これは、細胞の活動が活発であることの裏付けであり、
葉には濃度の高い栄養素がたっぷりと詰まっているのです。
ビタミン類では活性酸素の働きを抑えるビタミンAや
ビタミンCが多く含まれています。

そのため、アンチエイジングにも効果があるのです。

キャベツとケールを比較

ケールは他の緑黄色野菜と比べると葉がかたいと言われており、
それ故に食用には向きませんでした。

そこで品種改良を重ねて、葉の柔らかいキャベツが食用として生み出されたのです。

しかも、キャベツは青いところではなく白い部分が好まれる傾向にあります。 白いところには葉緑素が少ししか含まれていないということは簡単に理解できるかと思いますが、 それはすなわち、栄養素もケールと比べると乏しいということなのです。


ケールのビタミン類の量をキャベツと比べてみるとわかるのですが、ビタミンAは約58倍、 ビタミンB1は1.5倍、ビタミンB2は約5倍、ビタミンCは約2倍も含んでいます。

また、ミネラルの量もそれぞれ1.5倍から3倍程度多く含まれているということから、 ケールは非常に優秀な栄養野菜だと考えることが出来るでしょう。

これを踏まえたうえで、ケールの青汁を日常生活に取り入れたときに考えられることは、 一日に300ml程度飲むだけで不足し得る栄養素を完全に補うことが出来るという事なのです。

見出し

このように、ケールの成分には私たちの健康を守ってくれる働きがたっぷり詰まっています。

美容や美肌をサポートしてくれたり、便秘を解消してくれるのはもちろんのこと、 癌(ガン)や動脈硬化などの生活習慣病を予防するのにも強力な働きがあります。

そして、これは科学的に実証されているのです。

こういった背景から、ケールを原料とした青汁は栄養満点の最高の健康食品と評価されているのです。

ケールを原料に使った青汁

ケールを原料に使った青汁に挙げられる弱点は、何よりも苦くてマズイということです。

その為、一般的には敬遠される傾向にある原材料と思われがちです。

もちろん、元祖原材料といえるくらい長い歴史を持っており、
そのうえで圧倒的な栄養素を含んでいるのは確かでしょう。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.