メインイメージ

ダイエット・美容にも効果抜群

余分な脂肪のない美しい身体のラインやプルプルの肌、
そんな美しさをいつまでも保ちたい・・・

女性ならそんな願いを胸に秘めているのではないでしょうか?
身体についてしまった脂肪は、一度蓄えてしまうと、燃焼する
のが難しいと言われています。これは古代からの人間の進化で、
飢餓に備えて栄養分を脂肪という形で身体に蓄える・・・
という工夫でもあります。つまり、一日の活動に必要である
エネルギー量を超えて摂取された栄養分は皮下や臓器に
脂肪として取り込まれます。

したがって、脂肪になりやすい栄養である脂質や炭水化物を
過剰摂取し、運動不足の状態が続けば肥満体質になるのです。

青汁には肥満の原因となる糖質やタンパク質、脂質は僅かしか
含まれていません。そのため、どんなに沢山とっても、
青汁の摂取で太る心配はいりません。

便秘解消でキレイな肌に

肌荒れの原因として女性に多いのが「便秘」になっているという事。 便秘は、肉食中心で食物繊維が足りない食生活やストレス、その他には運動不足などが原因です。

これらの要因が腸のぜん動運動を低下させて引き起こされるのです。

青汁には、大腸の活動を促進させて栄養分の吸収をうながすビタミンとミネラルが豊富に含まれています。

そして、何よりもポイントになるのが食物繊維が豊富だということでしょう。 食物繊維は大腸のぜんどう運動を促進させてくれるので、便通をダイレクトに良くしてくれます。

さらに、異物を吸着して便として排出する効果もあるのでデトックスにも効果があります。

結果的には肌荒れ解消などの美容面で大きな役割を果たすのです。

見出し

青汁に豊富に含まれている成分の一つに葉緑素(クロロフィル)があります。

これは酸素の運搬を担当している赤血球のヘモグロビンという物質と似た構造を持っているという特徴があります。

葉緑素を構成する成分のひとつである有機ゲルマニウムは、体内に入ると酸素を全身に送り込んでくれます。

結果として、キレイな酸素が常に身体中に行き渡るようになるので身体の代謝が向上するようになります。

そして肌を若返らせてくれるという効果があるのです。

青汁の美肌作用

嬉しいことに、青汁には強力な美肌効果があります。
そもそも人間の皮膚の細胞は太陽光線を浴びる事によって細胞膜の主成分「脂質」が酸化するのですが、 これによって細胞は壊れてしまい、肌荒れの原因になると言われています。

大麦若葉に豊富に含まれているビタミンEには、脂肪の酸化を防ぐ作用があり、これが肌荒れを予防します。

ビタミンEは脂質のなかに溶け込んで脂質が酸化されるときに身代わりになってくれるという効果があるのです。

ビタミンEが酸化された時にはビタミンCが酸化したビタミンEから酸素を受け取ってビタミンEを元の状態に戻します。

これによって美肌が構築されていくのです。

どちらのビタミンも大麦若葉には豊富に含まれています。

先述した様にビタミンCは細胞を復活させる働きがあります。
そのため太陽光線を浴びることによって、美肌を維持するためにたくさん消費されてしまうのです。

だからこそ、ビタミンCがたっぷりの青汁を飲んでどんどん補給するようにしましょう。


この他にもアンチエイジング効果などが期待されており、活性酸素を排除することによる若返り機能も見込めます。

もちろん美容にだけ作用するというわけではなく、免疫力の向上やアレルギーの改善まで様々な優れた作用が評価されています。

青汁を飲んで、美容と健康を手に入れましょう!

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.