メインイメージ

世代別に青汁の効果・効能を検証

人間の身体は誕生から老化と年齢を重ねるごとに

様々な状態に変化していきます。その為、健康な状態を

保つには其々の世代に応じたケアが必要です。

ここでは、そんな長い人生の時期別に青汁をどのように

取り入れるべきかを説明します。妊娠や出産時はもちろん、

子供から高齢者まで世代を超えて有効です。

妊娠・出産時に

近年では少子化が加速しており、現在では子供を少なく生んで丈夫に育てるというスタンスが一般的です。

そのため母親は出来るだけ体調を整えて最高のコンディションで出産のタイミングを迎えたいところ。 そして、スムーズに妊娠するためには正しい食生活を送って性機能を安定させる必要があります。

青汁を食生活に取り入れることによって、母体が受胎しやすくなるのはもちろん、 胎児の発育をスムーズで健康なものにする「葉酸」という成分も配合されているので、妊娠や出産の時期には非常に有効。

葉酸を豊富に含んでいる素材はケールという野菜です。

青汁を飲んでいたお母さんから生まれた赤ちゃんは誕生後の発育が抜群にいいと言われています。

さらに、お母さんのお産の負担も軽減されるのだとか。
もちろん、赤ちゃんに青汁を飲ませても良いでしょう。
免疫力が向上するので病気になっても回復が早くなります。

見出し

青汁は成長期の子供にこそ飲んでもらいたい健康食品だと言えます。

発育時の児童の健康増進と体力の向上に効果があると考えられていて、さらに、免疫力を向上させるので風邪やインフルエンザなどの予防にも効き目があります。

また、青汁を飲み続けていれば集中力が高まると言われています。

精神的にもタフになり、ストレスの解消をサポートしてくれるので受験期にもオススメ。

お子様なら飲みやすい大麦若葉などの製品が良いかもしれません。

働き盛りの世代に

二十代から三十代にかけては仕事や子育てなどをはじめ、家事労働などもあるために最も体力や神経をすり減らす時期だと言えます。

そして、この時期も青汁を飲むことによって心身ともに健康な毎日を送ることが出来ると考えて間違いありません。

食欲の増進につながるだけではなく、便通が良くなったり、
睡眠も十分にとれるようになります。

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を予防する効果もあるので、健康に大きく役立つと言えます。

体調が万全な状態であれば、精神面もおのずと充実してきます。
ストレスを溜めこんだりイライラすることも少なくなり、リラックスした状態で仕事が出来るようになるはずです。

この世代にはやはり、栄養満点のケールがオススメです。

壮年期に

人生のなかでも男女を問わず、
もっとも充実した生活を送れるのが壮年期です。

しかし、これまでに仕事や私生活などで無理をしたり、不摂生をしていると、その影響が高血圧などの生活習慣病という形であらわれやすい時期でもあります。

青汁を飲んでいる人であれば、体調が安定して基本的な体力もあるので病気になりにくいようです。

壮年期には肩こりや腰痛なども多くなってきますが、
しっかりとした食事バランスを心がけて青汁を飲んでいればいつの間にか治ってしまうという事もあります。

抜け毛なども少なくなるという効果が明らかになっていますし、女性にとってつらい更年期障害も軽減できるでしょう。

まさに青汁は壮年期にぴったりの健康食品なのです。

老年期に

青汁の代表的な効果のひとつに数えられるのがアンチエイジングです。

これはいわゆる「若返り」の作用であり、肌などの美容面にも身体の内部の健康面にも効果があります。

若い頃から青汁を飲んでいると壮年期・老年期に大きな成果がみえてきます。

既に老化現象が表れている人でも、青汁を飲むと顔色が良くなり、小じわやシミなどが解消されていきます。

視力回復や肩こり、腰痛なども軽減されてくるでしょう。

これは血液をスムーズに循環させる効果が大きく関係しています。

そのため、高血圧を正常に戻すのにも効果を発揮するでしょう。
ボケや物忘れの防止にも役立ちます。
オススメは飲みやすい明日葉で出来た製品「ふるさと青汁」です。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.