メインイメージ

青汁のアンチエイジング効果

加齢と共に増えるシミ、シワ、肌のたるみ、毛穴の開きなどのトラブルは女性にとって悩みの種です。いつまでも若くありたいと願う気持ちはあっても、加齢(エイジング)は避けられません。しかしそのエイジングに立ち向かい、できるだけ加齢のスピードを遅くすることは可能です。このことを「アンチエイジング」と呼び、最近ではすっかりメジャーな言葉になりました。このアンチエイジングにとても効果的であるもののひとつが青汁なのです。


青汁はビタミン、ミネラルなどをたっぷりと含む栄養食品です。繊維質も豊富で便秘を解消したり血液をサラサラにしたりコレステロール値を下げたりと、多方面で大変優れた健康効果を発揮します。便秘を解消したり、体内の余分な水分を排出したり、血液の流れをよくすることは、いわば体内の大掃除、デトックスです。デトックスで体内が綺麗になればそれに比例して肌も美しくなります。


そして、最も注目すべきアンチエイジング成分は「メラトニン」と呼ばれるものです。メラトニンはホルモンの一種で、睡眠中に最も多く分泌されています。このメラトニンは老化を促す活性酸素と抑える働きがあるため、「若返りの成分」と呼ばれています。このメラトニンが青汁には豊富に含まれており、青汁1杯で十分なアンチエイジング効果が得られます。


美肌効果のある化粧品もたくさん開発されていますが、化粧品は肌の表面だけにしか効果がありません。それと同様で、エステなどに通ってアンチエイジングを目指しても、やはり化粧品同様表面的、一時的な効果しか得られません。しかも大変高額な代金を支払うことになります。


エステや化粧品にかけるお金があれば、ぜひ青汁を飲むことをおすすめします。薬や化粧品のような即効性はないかもしれませんが、毎日続けることで確実に体内が改善されていき、それが結果的に美肌へとつながります。まずは体の内側から磨くこと、これが一番のアンチエイジングなのです。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.