メインイメージ

ユーグレナ・ファームの「緑汁」

健康のために青汁を飲み始めてみたが、青汁の味になじめない、飽きてきた、もう普通の青汁では満足できない…という人も多いのではないでしょうか。そんな人にぜひおすすめしたいのが「ユーグレナ・ファームの緑汁」です。


青汁と緑汁の違いはどこにあるのでしょう。それは作られている原料にあります。青汁は野菜から作られていますが、緑汁は今話題のユーグレナが原料になっています。ユーグレナとはミドリムシのことで、ワカメや昆布と同じ藻類でありながら、動物と植物の両方の特徴を持つとても珍しい自然素材で、最近メディアでも大変注目されています。


緑汁にはビタミン類14種、ミネラル9種をはじめ、アミノ酸、不飽和脂肪酸など合わせて59種類の栄養素が含まれています。青汁は野菜不足を補うだけですが、緑汁は野菜、肉、魚の持つ栄養素もバランスよく含まれており、大変栄養価の高いものになっています。そこで野菜不足の人はもちろん、野菜や魚が苦手なお子様にもおすすめの健康ドリンクなのです。


高い栄養価と共に注目すべきところは消化率の良さです。ユーグレナの消化率はなんと93.1%。野菜は植物特有の細胞壁が邪魔をして効率よく栄養素を消化できないのに対し、植物と動物両方の性質を持つユーグレナにはこの細胞壁がありません。このおかげで大変消化率が高く、効率よく豊富な栄養素を体内に取り入れることができるのです。


また、青汁の味はどうも苦手で…という人が多いですが、「ユーグレナ・ファームの緑汁」は大変おいしく飲みやすい味になっています。石垣産ユーグレナと有機栽培の大麦若葉や明日葉を使用しており、香ばしい麦の香りとさわやかな緑の風味でどなたにも大変飲みやすい味です。粉末タイプなので、水で溶かしたり牛乳で溶かしたり、それぞれの好みで味を工夫して飲めるので、毎日飲んでも飽きがこず、続けて飲むことで日々の健康維持と栄養不足解消に大変役立つドリンクです。


このように普通の青汁にはない栄養素を豊富に含み、健康効果の高い「ユーグレナ・ファームの緑汁」は、今までの青汁では満足できないという方、さらに健康効果を求めたいという方にぜひおすすめです。

ふるさと

プロフィール

私Nanaは現在30代。
物心ついた時から青汁を飲んでいました。
当時は今のように健康食品としての商品が少なく、祖母が祖父の病気のために作っていた手作り青汁を家族揃って飲んでいました。

祖母は、子供だった私にはフルーツを多めにした甘く飲みやすいものを作ってくれました。
そのおかげもあってか祖父の血圧の病気も改善し、一家そろって超健康家族でした。

オマケに母も祖母も年の割にお肌がキレイ!

私は思春期の頃から青汁を飲むのを止めてしまい、20代になるまで飲んでいませんでした。

元々好き嫌いが多く、一人住まいを始めてからは野菜も充分に食べているわけではなかったので、風邪もひきやすくなるし肌トラブルも多くなるし、何より脂肪がつきやすくなりました。

危機感を感じ始めた頃、青汁について調べてみるとビックリするくらい多くの商品があることを知りました。
まずはとにかく飲みやすい、美味しい物を探すところから始めて、祖母の青汁のように効果の出る物を絞り込んでいきました。

健康食品は本当にピンキリなので、健康に綺麗になりたい方は是非参考にしてください。

ちなみに、今では私も20代に間違えられます(笑)

参考のために、子供の頃からいわば本物の青汁を飲んできた私が効くと認めた物だけは載せています。

Copyright© 2011 The diary of green juice All Rights Reserved.